下腹と横腹を鍛える最適な方法

IMG_6631

こんにちは、安孫子健太郎です。

今日は下腹と横腹を鍛える最適な方法をお伝えします、

 

というのも、先日こんな質問をいただきました。

 

========================

下腹、横腹を鍛える最も最適な方法をお教え下さい。
昔からなかなかその辺りが鍛えられません。

胃の下辺りと申しましょうか、その辺りの腹筋は割れるのですが…。

お教え下さい。よろしくお願いいたします。

========================

 

人は生まれた時から筋肉のつき方が違います。

服直筋がつきやすい人もいれば腹斜筋がつきやすい人もいます。

 

要するに筋肉がつきやすい場所と付きにくい場所が人によって違うのです。

 

貴方は他の箇所は腹筋が割れてるので下腹と横腹に筋肉が付きにくいのでしょう。

 

だから落ち込まなくて大丈夫です。

「付きにくい」というだけで、しっかりとしたトレーニングを行えば必ず下腹と横腹も割れますよ。

 

では、服直筋の下部はどんなトレーニングが有効なのかというと

レッグレイズとアブコースターがオススメです。

 

もしジムに行っていなくて、自宅でトレーニングをするなら

仰向けになって両足をゆっくり上げて45度くらいの角度で30秒〜1分位止めるトレーニングを行ってください。

 

では腹斜筋のトレーニングは何かと言うと、

ジムに行くのであればアブツイストがオススメです。

 

自分は片手に重りを持ち、片手は頭の後ろに添えて、

頭に添えた手の肘を曲げて脇腹に近づけます。

 

ゆっくりとストレッチをかければかなり効きます。

 

両手に重りを持ったツイスト運動もオススメです。

 

これはくびれを作る運動ですが、腹回りを絞ることもできますので、ぜひぜひやってみてくださいね。

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer