スクワットのやり方-最も手軽に脂肪燃焼する筋トレ方法


道具を使わずに、いつでもどこでもできるスクワットは、基礎代謝を上げる効果があるので、体力がつきます。

 

また、スクワットには脂肪燃焼をして、痩せ体質を作る効果もあります。

 

スクワットをすることで、自然と脂肪がつきにくい体になるので、ダイエット目的の方にもオススメのトレーニング法です。

 

また、体幹を鍛えたり、大殿部などの股関節にも効きますので、ヒップアップやヒップラインの調整にも効果があります。

スクワットも他の筋トレと同じように、ゆっくり、じわじわと効かせましょう。

 

安全のためにレッグプレスマシンを使うことをオススメします。

スクワットのやり方

1.バーベルを後頭部に構える

足幅は腰幅より広めにとる

スクリーンショット 2015-08-26 21.26.48

2.猫背にならないよう意識しながら

お尻を突き出すようにしゃがむ

スクリーンショット 2015-08-26 21.26.31

3.同じ軌道でゆっくりと戻す。大体12回~15回を目安に行いましょう。

スクリーンショット 2015-08-26 21.27.05

安孫子健太郎の実践レポート

一番深い所まで足を曲げてくる事で、凄いストレッチがかかり、少ない重りでかなり効かせられます。

 

膝の負担が少なく怪我の心配も減るので良かったです。

 

最初は「チョットものたり無いかな」って思うような重りでも、8回目くらいから徐々に効いてきて、12回位になると汗が噴き出す感じになりました。

 

一見腹筋とは別の脚のトレーニングに感じますが上げる時にかなりお腹に力が入り体幹が鍛えられる感じでした。

 

スクワットをやる様になって腹筋に厚みが出た感じです。

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer