ショルダープレスのやり方-肩幅を広くする筋トレ

今回は「ショルダープレス」のやり方を紹介します。

 

「体を大きく見せたい!」「肩幅を広くしたい!」という方にぴったりのトレーニングです。

 

ショルダープレスはダンベルやバーベルを上げ下げすることで三角筋、僧帽筋、上腕三頭筋などを鍛えるトレーニングのことです。

 

肩と後背部を引き締めたり、筋力アップ、脂肪燃焼などに効果があります。

 

初心者のうちは、直立した状態で行うスタンディングショルダープレスよりも、座った状態で行うシーテッドショルダープレスをオススメします。

 

こちらの方が安定感が取りやすく、より三角筋に効かせることができるからです。

ショルダープレスのやり方

1.ストレッチがよりよく取れるダンベルを用意する

3.ダンベルを両手で持ち上げて耳の横位に置く。

4.まっすぐに真上に押し上げる。

5.上げる時よりゆっくりとした動作で元の位置にもどします。

6.10回〜15回を3セットやります。

安孫子健太郎の実践レポート

ダンベルショルダープレスとバーベルショルダープレスがありますが、自分はダンベルをオススメします。

 

可動域も広いのでよりストレッチしやすいからです。ダンベルの方が家にある人も多いしね。

 

トレーニングの際の注意点ですが、肩はかなり複雑な構造になっているので、怪我をしやすいです。

 

怪我をしないためにも、単純に思いダンベルを選ぶのではなく、フォームが崩れない程度の重さのダンベルを選ぶことが重要です。

 

耳の横にダンベルを持ってきてしっかりと三角筋に効かして、真上に押しかげて又、ゆっくりと元の場所に戻します。

 

この時はとにかくフォームをしっかりと意識して三角筋に効かす事に集中してやります。

 

重くなるほど勢いで上げようとしてしまうので注意しなくちゃだめですね。

 

因みに自分はショルダープレスは肩のエクササイズの最初に持ってきます。

 

怪我に気をつけながら、ガンガン鍛えていきましょうね!

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer