サイドブリッジのやり方-脇腹と体幹を鍛えるトレーニング

サイドブリッジは腹斜筋、腹横筋、中殿筋を鍛えることができます。つまり、お腹の横部分ですね。

 

なかなかこの部分に効かせられるトレーニングはありませんから貴重です。

 

体幹の強化にも有効ですし、道具もいりませんので、トレーニングを始めたての方は是非日々の筋トレメニューに取り入れてくださいね。

サイドブリッジ(サイドレッグアップ)

横向けの状態から片手をついて、体を起こします。

 

そして、頭からつま先までが一直線になるようにしてキープします。

 

体幹が固定出来ないと腰が落ち、くの字になりますので、要注意です。

これも10秒キープ、2セットから始めましょう!

 

余裕がある方は、床についていない方の手を上に真っすぐ挙げてみましょう!

 

上下左右、どちらの方向から見ても体は真っすぐになっているように注意しましょう!

これも、健太郎君は楽勝でしょう(笑)?

 

池田充宏

安孫子健太郎の実践レポート

サイドレッグアップも体幹トレーニングには無くてはならない素晴らしいトレーニングだと思います。

 

どんなに腹筋を鍛えても脇腹って中々鍛えるのが難しいと思っていましたがバランスを取りつつ脚を上に上げるのは結構難しいと思いました。

 

ですので腹筋の特にみなさんが気になる脇腹を鍛えられて、尚且つ体幹も鍛えられるサイドレッグアップは腹筋のルーティーンに入れたいなって思いました。

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer