脂肪を落とす筋トレダイエット方法

IMG_6989

こんにちは、安孫子健太郎です。

今日は「脂肪を落とす筋トレダイエット方法」についてお伝えします。

 

先日、読者さんからこんな質問をいただきました。

========================

「40代の男です。
横っ腹の肉が落ちません。
効果的な薬やダイエット方法を教えてください。
ちなみに今は、ウォーキングを週に2回やっています。」

========================

 

毎日頑張ってトレーニングしてもなかなかお肉が落ちないと

モチベーションがどんどん下がっていきますよね。

 

今回の方法を実践して、効果的に脂肪を落として引き締まった体を手に入れてくださいね!!

 

まず大前提として、一部分のお肉を落とす時であっても

全身のトレーニングを行います。

 

腹筋をやったからといって、お腹のお肉が落ちるわけではありません。

必ず全身のトレーニングを行ってください。

 

難しい説明は省きますが、運動には

無酸素運動と有酸素運動があります。

 

無酸素運動とは、ベンチプレスなどのトレーニングや

サッカーなどの激しい運動のことを言います。

 

有酸素運動とは、質問者様のされているウォーキングや

ランニングのような長時間緩やかなペースで行う運動のことです。

 

この内、有酸素運動のみが脂肪を落とすことができます。

有酸素運動は体の脂肪を燃焼させてエネルギーを生み出すので、脂肪を落とすことができるのです。

 

では、無酸素運動は全く意味がないかというとそんなことはありません。

アメリカの研究では、筋トレ後は約2日エネルギー代謝量が高い状態が続くことが分かっています。

また、脂肪代謝を促進するホルモンの分泌も高まることが知られています。

 

つまり、無酸素運動をすることで「脂肪が落ちやすい体」を作ることができるということです。

 

ややこしくなってきましたね。笑

でも、安心してください。

簡潔にまとめます。

 

要は、無酸素運動と有酸素運動を組み合わせましょうという話です。

 

 

無酸素運動で脂肪が落ちやすい体を作り

有酸素運動で効率的に脂肪を落としていけば良いのです。

 

ですから、ウォーキングだけとか、ダンベルトレーニングだけにするのではなく

必ずその両方を行うようにしてくださいね。

 

因みに、ダイエット効果を大きくするためには、

筋トレを先に行い、その後に有酸素運動を実施する効果的です。

 

ただし、筋トレは局所的に負荷がかかるという特徴があります。

つまり、ケガをしやすいのです。

 

ケガを防ぐためには、筋肉の温度を上げることが必要です。

筋肉の血流を上げ、温度を上げるための方法の代表は、有酸素運動です。

 

ですので、筋トレによるケガを防止し、トレーニングの効果を大きくするためには、

先ず、有酸素運動で血行並びに体温を上げ、その後に筋トレを行うと良いです。

 

ダイエット効果を重視するか、安全性を重視するか

あなたの好みに合わせてトレーニングを行ってくださいね。

 

というわけで今回は脂肪を落とす筋トレダイエット方法についてお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer