肩幅を広くする3つの筋トレ方法(ショルダープレス・サイドレイズ・リアレイズ))

IMG_6701

===================

12/13のベストボディジャパン日本大会で

俺の親友が大応援団を結成してくれることになりました!

 

・トレーニングしている方

・大きな感動を味わいたい方

・ボディビル未経験の方

はぜひ参加してくださいね!

 

詳細はこちらからどうぞ!

http://kentaroabiko.com/lp/daiouendan/ 

===================

こんにちは!

安孫子健太郎です!

 

今日は

「肩幅をおきくする3つの筋トレ方法」

についてお伝えします!

 

肩の筋肉が大きいと、とてもかっこいいですよね。

 

自分も極端な撫で肩なので、「肩幅を広げたい」「肩を大きくしたい」という気持ちは痛い程よく分かります。

 

上半身、特に肩の筋肉は体の中でも大きな範囲を占めますから、見た目に大きく関係するんですね。

 

では、どのようすれば肩幅を広げるために、効果的なトレーニングができるのか?今回はそれについてお話しします。

肩幅を広くするために鍛えるべき筋肉は?

肩幅に関係する筋肉は、僧帽筋と三角筋なります。

 

この2つの筋肉の、前、横、後ろを満遍なく鍛える事で肩は見違える様にたくましくなります。

 

それにプラス背中の、肩甲骨周りの筋肉を鍛えると、肩幅がより広く見えるようになります。

肩幅を広くするためのトレーニング法

 ショルダープレス

シュルダープレスはダンベルやバーベルを上げ下げすることで三角筋、僧帽筋、上腕三頭筋などを鍛えるトレーニングのことです。

 

肩と後背部を引き締めたり、筋力アップ、脂肪燃焼などに効果があります。

 

初心者のうちは、直立した状態で行うスタンディングショルダープレスよりも、座った状態で行うシーテッドショルダープレスをオススメします。

 

こちらの方が安定感が取りやすく、より三角筋に効かせることができるからです。

 

ショルダープレスのやり方はこちら

 

 

サイドレイズ

サイドレイズは肩のトレーニングにおいて、外せない筋トレ方法です。

 

基本的にダンベルを使いますが、無い場合はペットボトルに水を詰めて代用してくださいね。

 

サイドレイズのやり方はこちら

 

リアレイズ

リアレイズは、ダンベルを上げ下げするトレーニングのことです。

 

三角筋後部のリアデルトと呼ばれる部位に効かせることができるので、肩をより大きく、広くすることができます。

 

立った状態で行うリアレイズと、座った状態で行うリアレイズがあります。初心者の方は、まず座った状態から行っていきましょう。

 

リアレイズのやり方はこちら

おわりに

肩は見た目とは違ってかなり繊細で複雑な筋肉の集まりです。

 

ですので、絶対に無理をしないでじっくりと「効かす」方法でやりましょう(肩を痛めると長引くので)。

 

砲丸の様な肩で皆んなをビックリさせてみては如何でしょうか⁉︎

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer