リアレイズのやり方-肩幅を広くする筋トレ


肩のエクササイズをする時はどうしても、前か横ばかり目がいってしまい、肩の後ろは忘れがちです。

しかし、肩を大きく、かっこよく見せる為には、肩の後ろを鍛える事がかなり大事です。

 

そこで今回は肩の後ろ側が鍛えられるリアレイズのやり方について解説します

 

リアレイズは、ダンベルを上げ下げするトレーニングのことです。

三角筋後部のリアデルトと呼ばれる部位に効かせることができるので、肩をより大きく、広くすることができます。

 

「肩幅を広くしたい!」という方には最適なトレーニングです。

 

立った状態で行うリアレイズと、座った状態で行うリアレイズがあります。

初心者の方は、まず座った状態で行うリアレイズから行っていきましょう。

リアレイズのやり方

1.「ダンベル」を使います。座ってやる方が安定してできるので初心者はベンチに腰掛けて行いましょう。

スクリーンショット 2015-08-26 21.15.29

2.上半身を床と平行になる様に曲げていきます。顔は下を向いたままで良いです。

スクリーンショット 2015-08-26 21.15.18

3.ゆっくりと肩と同じ高さまで上げていきます。

スクリーンショット 2015-08-26 21.15.29

4.上げた時より2倍時間をかけてゆっくりと元の位置に下ろします。

スクリーンショット 2015-08-26 21.15.42

5.10回〜15回を無理なくできる重さで行いましょう。

リアレイズのポイント

ポイント 1.慣れるまではとにかく軽めのウエイトで同じ軌道を描ける様に何度も何度も繰り返します。

2.肩甲骨を動かさない事が大事! 使うのはあくまでも肩だけでいい。

3.普段見ない場所(隠れてる)なので忘れがちですが、やれば必ず結果が伴います。諦めずにネチネチやりましょう。

安孫子健太郎の実践レポート

自分はフォームをしっかり取りたいのでベンチに座ってやります。

とにかく肩を使うよう心がけているので、肩甲骨を動かさない様に気をつけてます。

 

上半身を床と平行にして、後はゆっくりとダンベルを肩の位置まであげていきます。

この時もサイドレイズ同様に小指が上に、親指が下になる様にするとより効果があります。

 

肩のエクササイズはとにかく丁寧にやりましょう。

肩はかなり複雑な筋肉なので痛めると厄介です。

 

最初のうちはとにかく軽めでフォームをしっかりとさせてから徐々に重さを増やしていきましょう。

初心者さんでもできるシンプルなトレーニングですので、ぜひぜひトレーニングメニューに取り入れて、ガンガン鍛えてくださいね!

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer