インクラインベンチプレスのやり方–大胸筋に効かせて胸板を熱くする筋トレ

こんにちは、安孫子健太郎です。

今日はインクラインベンチプレスのやり方をお伝えします。

 

大胸筋に効かせて、胸板を厚くしたい時、ベンチプレスをする人は多いですよね。

ですが、ベンチプレスは、大胸筋の中でも下部を中心に鍛えるトレーニングです。

 

下部ばかり鍛えてしまうと、垂れ下がった見た目になり、見栄えがよくありません。

 

そこでやってほしいのがインクラインベンチプレスです。

 

インクラインベンチプレスを行うことで、上部大胸筋と三頭筋にも効かすことができるので、見た目のバランスの良い胸板を作ることができます。

インクラインベンチプレスのやり方

1 ベンチを30度〜45度くらいの角度にする。

スクリーンショット 2015-08-26 20.26.47

2 ゆっくりと鎖骨あたりにバーを下ろしていく。※胸に付くくらい下げた方がよりストレッチがかかっていいです。

スクリーンショット 2015-08-26 20.27.08

3 ゆっくりと同じ軌道で戻します。

スクリーンショット 2015-08-26 20.27.28

最初にベンチプレスをやっていると注意する点が同じなので続けてるとやり易いです。

やり方は同じでもベンチプレスより重さは上げれ無いので無理しない事。

安孫子健太郎の実践レポート

盛り上がった胸の条件は、胸の上部がしっかり発達してる事です。

 

重いインクラインベンチプレスを少ない回数行うよりも、軽めのウエイトで「効き」を重視で、回数を増やした時の方がよりバーンを感じました。

 

最初に「インクラインベンチプレス」を持ってくると「今日は上がるぜぇ〜!」っとついつい腕や肩の力も使ってあげるからかなって思いました。

 

因みに自分は「インクラインダンベルプレス」の方がよりストレッチが効いて良かったかなって感じました。

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer