太らずに増量する食事法

photo-2015-08-26-21.06.34-1024x570

アロハ!

安孫子 健太郎です。

今回は「太らずに増量する食事法」について話します。

これを読んでくださっているあなたは「カッコいい体が欲しい」「デカい筋肉が欲しい」「男らしいモテボディが欲しい」と思っているはず。

カッコいい体を手に入れて、Tシャツ1枚でもサラッとキマるようになったり、オーラのある堂々とした男になれたらいいなって思いますよね。

そんなことを考えてトレーニングに励んでいる方も多いと思います。

でも「なかなか変化が表れなくて・・・」「どうしたら早く成果が出るの?」と悩んでいるかもしれません。

Podcastやこのブログでいつも話していますが、体を変えるためにトレーニング以上に重要なのが食事です。

食事の取り方で、トレーニングの結果は2倍にも3倍にもなります。

毎日鍛えているのに体が大きくならない人は、高確率で「食べる量が少ない」ことが原因です。

なぜなら、体は脂肪を燃焼してエネルギーに変えるからです。

でも、食べる量が少ない人は、脂肪の量が足りていません。

すると体は、脂肪以外のエネルギー源を探します。

それが筋肉です。

筋肉を消化して、エネルギーに変えるのです。

だから、食べる量が少ないと、筋肉がどんどん減ってしまうんです。

あなたがトレーニングすればするほど、エネルギー消化が増え、体がみるみるやせ細ってしまうんです。

だから、量を食べることはとても重要です。

ただし、ただ闇雲に食べればいいわけではありません。

「食事の取り方」がとても重要です。

正しい取り方をすれば、みるみると、大きくたくましい筋肉と、引き締まった筋肉のバランスが美しいカッコいい体になりますし、間違った取り方をすると、脂肪がボヨンと乗っかっただらしないおっさん体型になってしまいます。

では、食事をどう取ればカッコいい体を手に入れることができるのか?
ということについて話していきますね。

先日、お世話になっている方から、ディナーに誘われ、増量期という事で「肉祭り!」が開かれました。

チートデーに重なった事もあって肉を貪るように食べました。

肉だけで2キロは食べたと思います。

自分は増量期と言っても好きなものを好きなだけ食べる訳ではありません。

なぜなら、食事内容によって体への影響が大きく変わるからです。

脂肪を蓄えて増量するのか、それとも健康的に増量するのかで、後ほど引き締めて減量する時の難易度が変わります。

好きな物を好きなだけ食べていたら、ただ太るだけです。
余計な脂肪が付き、カッコ悪い体になってしまいます。

増量期のポイントは「いかに脂肪をつけずに、健康的に増量するか」です。

では具体的にどういった食事を取ればいいのか?

私は、平日はなるべくクリーンな食べ物で量を取り、週末は大好きな炭水化物を多めに取り、効率的に増量しています。

ただ、どうしてもメンタルがやられる時があります。
好きな食べ物を我慢するわけですから、気持ちが滅入る時もあります。

そんな時はチートデーをあてます。
週に1食だけ好きな食事を好きなだけ食べることで、メンタルケアをして、体重もしっかり増やします。

まさに!狙い通り!

筋トレと食事、そしてメンタルをコントロールして初めて、健康的なトータルワークアウトと言えます。

ぜひあなたもやってみてくださいね!

来るだけで元気になる、ハワイで、気持ちよくワークアウトして、美味しいビルダー食を食べて、メンタルをリア充してみませんか!

って事でやっぱり最後はハワイに来い!

いつも心にBIG MAHALO!

安孫子 健太郎

abiko-blog-footer