危険!40代からの日焼けオイルの選び方とは?

IMG_8061

こんにちは!

安孫子健太郎です。

 

今回は日焼けの仕方と日焼けオイルの選び方についてお伝えしたいと思います。

 

今日は日曜日なのでトレーニングはオフになりますが、そんな時は「日焼け」がトレーニングです。

 

日焼けはとても大切なトレーニングの1つです。

 

なぜなら全く同じディテールの身体を持つ、2人の人間が並んだ場合、日焼けして黒い身体の方が陰影などの影響でよく見えるからです。

 

要はキレイな小麦色に焼けていた方が、体がカッコよく見えるということです。

 

やはりどれだけ鍛えていても、肌が白かったら弱そうに見えてしまいますからね。

 

私は12月13日のベストボディジャパン日本大会に向けてトレーニングをしているわけですが、ベストボディジャパンではオイルやタンニングジェルをつけての参加は禁止です。

 

なので日々のこうした努力の積み重ねが重要になってくるわけです!

 

そして!

 

日焼けで非常に重要になることがオイルの選び方です。

 

 

日焼けオイルはいろいろな製品が出回っていて、含まれる成分もいろいろです。

 

だからこそ、危険な日焼けオイルもたくさんあります。

 

普通のドラッグストアに並んでいるような日焼けオイルの中にも、選ぶべきものと選ぶべきでないものがあります。

 

特に安い日焼けオイルには危険な成分が入っていることが多々あります。

なので、しっかりと裏の成分表示を見て、基本的には天然物由来の物を選ぶようにしてください。

 

また、中年以降の方はSPFが高すぎると、太陽光によって体内で生成されるビタミンDが低下して、骨に影響します。特に、女性は要注意です。

 

なので、40代以降はSPFが15以下の日焼けオイルを選ぶようにしましょう。

私が使っている日焼けオイルもSPFが15です。

 

私の愛用日焼けオイル。HAWAIIAN Tropic Silk Hydration。

私の愛用日焼けオイル。HAWAIIAN Tropic Silk Hydration。

HAIIAN Tropic Silk Hydrationの写真

英語なのでわかりづらいですが、しっかり天然由来成分のみを使っています。

 

というわけで今回は日焼けオイルの選び方について解説してみました!

 

ありがとうございました!

 

BIG MAHALO!

安孫子健太郎

 

abiko-blog-footer