ヒップリフトのやり方-お尻と腹横筋に効かせてインナーマッスルを鍛える筋トレ方法

ヒップリフトと聞くと「お尻のトレーニングですか?」と思われるかもしれません。

 

たしかにヒップリフトは、お尻に効くトレーニングです。

 

お尻を引き締め、たるみを解消する効果があります。

 

ただし、それと同時に、腹横筋にも効きます。

 

腹横筋はインナーマッスルのことです。

 

他の記事でもお伝えしていますが、インナーマッスルは「強い体幹」と「痩せ体質」に関係しています。

 

つまり、ヒップリフトをすることで、筋トレの効果を最大化する体と脂肪のつきにくい体の両方を作ることができるのです。

 

こちらの記事でもお伝えしていますが、脂肪を減らせば、腹筋を割ることができます。

 

つまりヒップリフトを行うことで、美しいシックスパックを手に入れることができるということです。

 

ヒップリフトのやり方

1.テレビを見ながら横になる姿勢をとってください。

2.今度は肘をついて上半身を持ち上げましょう

3.このトレーニングを1回60秒を3セット毎日行ってください

安孫子健太郎の実践レポート

テレビを見ながらできるからこれもかなり入りやすい腹筋トレーニングだと思いました。

 

片手は空いてるのでスマートフォン片手にエクササイズもできます(笑)

 

サイドクランチをやったあとその流れでやればやり忘れもないかなって思いました。

 

こちらも普段使ってない筋肉なのか最初はかなり辛かったです(笑)

 

ただ大変なのは最初の1週間〜2週間まで。そこからはかなり楽になるのでやはり最初の1週間〜2週間をどれだけ頑張れるかが大事だと思いました。

 

今は3分くらいは楽勝です!(最初は30秒がやっと)

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer