ボディビルダーの減量メニューを真似しても体重が落ちない理由

IMG_6771

===================

12/13のベストボディジャパン日本大会で

俺の親友が大応援団を結成してくれることになりました!

 

・トレーニングしている方

・大きな感動を味わいたい方

・ボディビル未経験の方

はぜひ参加してくださいね!

 

詳細はこちらからどうぞ!

http://kentaroabiko.com/lp/daiouendan/ 

===================

 

こんにちは、安孫子健太郎です。

今日は減量メニューについてお話しします。

 

私は現在、ベストボディジャパン全国大会へ向けて

日々トレーニングや食事改善をしています。

 

本当に筋トレが好きで、トレーニングマガジンを良く読んでいるのですが

そこでボディビルダーの人達が減量について語っている内容に違和感を感じています。

 

何故かと言いますと、減量に対するやり方が

「あくまでもボディビルダーとして」

だからです。

 

自分の経験上、一度トレーニングをして

体脂肪を極限まで落とす事に成功した経験がある人の身体は

普通の人とはかなり違います。

 

極端に代謝が良くなっているので、本当にお腹が空くのが早いです。

 

要するに身体がエネルギーを直ぐに使うので

食べても、食べても、太りにくい身体になっているわけです。

 

ですので、ボディビルダーの人達が減量期間中に特に減量食はしない、

有酸素運動はやらない、と書いたことを普通の人が実践しても

同じ効果を得ることは難しいです。

 

初めての減量は、食事の内容をガラリと変えた

減量メニューにのぞんだ方が、効果があります。

 

こちらの記事で詳しい食事メニューを紹介していますが

簡単に言うと、炭水化物を減らして

低脂肪高タンパクの鶏肉やブロッコリー中心の

食事メニューにすることをオススメします。

 

いきなり食事メニューを変えることは、最初苦しいかもしれませんが

一度それに成功したら次は本当に驚くくらい身体は変わってますから!

 

その時まで頑張りマッスル。

 

今日は全て軽めに胸、腕、脚、腹筋です。

 

ダンベルプレス 10レップ×3
ダンベルフライ 10レップ×3
ディプス 10レップ×3

 

バーベルカール 10レップ×3
インクラインダンベルカール 10レップ×3
ハンマーカール 10レップ×3

 

クランチ 10レップ×3
アブコースター 10レップ×3
マシンクランチ 10レップ×3

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer