フロントブリッジ(プランク)のやり方-初心者向けの体幹トレーニング

筋肉を効率的に、格好良くに鍛えるために、強い体幹を作る事が非常に重要です。

 

体幹がなければ、いくら一生懸命トレーニングをしても意味がありません。

 

また、体幹を鍛えれば腰痛、猫背、冷え性などが改善します。

 

では、どんなトレーニングをすれば体幹を鍛えることができるのか?

 

今回は効果的な体幹トレーニングの1つである「フロントブリッジ(プランク)」のやり方をお伝えします。

フロントブリッジ(プランク)

うつぶせの状態から肘と腕を肩幅にして床につけます。

 

膝が曲がらないように真っすぐにしながら、体を一直線になるように持ち上げます。

 

鏡で姿勢を確認しながら行いたいですね。

 

先ずは、体がぷるぷるしないように静止して10秒間。
これを2セットから始めましょう!

 

健太郎君は、1分間は楽にできでしょう!?

 

バランスボールを使うと、体幹固定が出来ていないのが、分かってしまいます。

安孫子健太郎の実践レポート

ブランクを初めてやった時は結構キツかった印象でしたが、今はベストボディーに向けてのトレーニングを始めてかなり経つので結構な長い時間できます。

 

回数じゃないので明確な終わりが時間になるので、正直腹筋初心者向きのトレーニングかなって思ってます。

 

特に体幹を意識したトレーニングをやりたい方には向いてるんじゃないでしょうか?

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer