ディップス-自宅でできる大胸筋下部のトレーニング


ディップスは、バーを両手で持ち、体を上下させる自重トレーニングです。公園にある遊具でも行うことができます。

 

ディップスは、大胸筋の下部に効かせることができるトレーニングです。

 

ディップスは動作も単純で比較的場所を選ばないエクササイズです。

それでいて「効き」は絶対という最高のエクササイズなので気が向いたら何時でもやっていきましょうね。

 

大胸筋の下部が盛り上がると胸の形がクッキリして彫刻刀で木をえぐった様な形のかっこいい胸が出来上がります。

 

ディップスのやり方

1 両手でディップスバーを持ち身体を少し前傾姿勢にする

スクリーンショット 2015-08-26 21.31.03

2 そのままゆっくりと下げていく。 ※肘を広げるとより胸に効きます。

スクリーンショット 2015-08-26 21.30.49

3 下まで行ったらゆっくりと息を吐きながら上に上がる。

スクリーンショット 2015-08-26 21.30.31

安孫子健太郎の実践レポート

ディップスをやってみて思ったのですがかなりキツイ!っていうか「効くっ!」って思いました。

 

まずなるべくストレッチを心がけてやったので下げる時は姿勢を前かがみにする様に心がけて、できるだけ深く下げる様にしてみました。

 

そしたら何も考えないでやってた時は15回〜20回くらいはできたのが8回〜10回するのがやっとでした。

 

やっぱりフォームが大事なんだと思いました。

 

回数が少ないのに「効く」のは時間が短縮されて僕みたいな時間が無いサラリーマンはとってもありがたいですね〜。

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer