ケーブルプレスダウンのやり方-上腕三頭筋を鍛えて腕を太くする筋トレ

ケーブルプレスダウンは上腕三頭筋を鍛えることができる筋トレです。

盛り上がったカッコイイ上腕三頭筋は多くの人の憧れですよね。

ダンベルでのトレーニングが多いですが、ケーブルを使うトレーニングまります。

ケーブルを使うことで怪我のリスクを下げながら、効率的に筋トレを行うことができます。

ぜひぜひやってみてくださいね。

ケーブルプレスダウンのやり方

  1. 足を肩幅程度に開き、少し前傾姿勢になる
  2. 上腕三頭筋を意識し、肘を固定したまま腕を下ろす
  3. 同じ軌道でゆっくりと戻す

・ストレートバーを使う場合

肩を落として脇をしめるそのままの姿勢でゆっくりと「自転車の空気を入れる様な感じ」で下に下ろす。

最後まで下ろした所で三頭筋を「グッ」っと締める 大体2〜3秒。

下ろした時より2倍くらいの時間をかけて戻していく。

※押す場所は手首に近い場所のほうが三頭筋に効く感じが分かるかと思います。

・ロープを使う場合

基本の動作は同じですが最後のフィニッシュで上にあった親指を内側から下に絞り込み「人」の字ができる様にやると効果的です。

ケーブルプレスダウンのコツ

つい体全体で下げようとしてしまいます。

上腕三頭筋のみで行うように注意しましょう

安孫子健太郎の実践レポート

上腕三頭筋にダイレクトに効くケーブルプレスダウンは、個人的にかなりお気に入りのエクササイズです。

ショートバーやトライセプスバーを使っても勿論良いですが自分のおすすめは何と言ってもトライセプスロープバー!

これがかなり可動域が広がり効きを感じる事ができました。

最後の最後に手首を返す動作で三頭筋に最後の追い込みを掛けれる感じでお気に入りです。

安孫子健太郎

abiko-blog-footer