内臓を鍛えて食事量を増やす!体を大きくする筋トレ方法とは?

IMG_6782

こんばんは!安孫子健太郎です。

今日は体を大きくする方法についてお話しします。

 

身体を大きくしたいなら、大前提として1日の栄養摂取量が運動量を上回らないといけません。

 

栄養摂取量が運動量を下回ると、体はどんどん小さくなります。

代謝が良くなってる身体ならなおさら食事量が必要です。

 

だから、食べる事も立派なトレーニングなのです。

 

私は食事量を増やすトレーニングをしています。

 

人は一回の食事から取り込めるタンパク質の量は30グラム程度と言われてますが、それはあくまで普通の人の場合。

 

内臓を鍛えれば、食事量を増やすことできるので、より多くのタンパク質を取り込めるようなるのです。

 

ですから、内臓を鍛える事は大事です。

 

っと言う訳で、自分は筋トレと同じくらいの割合で

食べる事もトレーニングと思い、

日々食べるトレーニングもしています。

 

要するにお腹が空いて無くても必ず食べるって事です。

最低でも2〜3時間おきに何かしら口にしています。

 

 

でも今は池田先生の指示で体重を増やしてるから

毎日一食に付き56gは多くミートを摂っていますね。

 

トレーニングもできるときはダブルスピリットしたりして、

おかげで2週間で約3キロはデカくなりました。

 

あなたもぜひ、食事トレーニングをして、体をどんどん大きくしてくださいね!

 

今日のトレーニング


スミスマシンショルダープレス ドロップセットで5-5-10レップ×3

サイドレイズ 10レップ×3
リアレイズ 10レップ×3
マシンラテラルレイズ 10レップ×3

上腕三頭筋

トライセプスエクステンション 10レップ×3
ケーブルプレスダウン 10レップ×3
・クローズグリップベンチプレス 10レップ×3
キックバック 10レップ×3

腹筋

・シットアップ 20レップ×3
レッグレイズ 10レップ×3
ロープクランチ 20レップ×3

 

安孫子健太郎

abiko-blog-footer